宅建ってどんな資格?

毎年20万人もの応募がある人気の国家資格で、名称変更により「士業」となれば、さらに人気が高まると噂されています。宅建とは「宅地建物取引士」のことで、土地や建物の売買に関わるプロに与えられる資格です。不動産会社などで社員の5人に1人はこの資格を持っていることが法で定められているので、就職にとても有利な資格でもあります。将来的に独立開業も夢ではないのです。そんなことから日本で一番人気がある資格と言われているのです。

どんな勉強をしたらいいの?

合格率が15パーセントほどの資格ですが、学校に通わずに独学で勉強している人もたくさんいます。がんばれば絶対に取れる資格ですが、その為には過去に出た問題、いわゆる「過去問」をひたすら暗記することが必要になります。そしてある程度暗記できたら、模擬試験を受けて自分の実力を確認してみましょう。本番の試験ではマークシートでの回答となるので、その練習にもなります。模擬試験を目標にモチベーションを上げることもできますよね。

独学以外に方法はないの?

独学での勉強に自信がない人は、通信教育や専門の学校などに通う勉強方法もあります。お金はかかりますが要点を抑えた勉強ができるので、時間がない人にはよい方法です。試験までのスケジュールもしっかりと管理してくれるので心強いですね。何より資格を取らせるためのノウハウをたくさん持っているので、お金をかけただけのことはあるでしょう。しかし、やはり一番重要なのは本人の努力なので、安心しないでしっかりと勉強しましょう。

宅建の講座を利用すれば試験の出題の傾向なども効率的に学ぶことが出来るので受講をしてみるのも良いでしょう。