弁護士に依頼する前に

普段私達は生活の中で法律に触れるような出来事は滅多にありません。そのためいざ法律問題に直面すると、とにかく弁護士に相談をと考えてしまいがちです。しかし弁護士に相談するだけでも相談料がかかってしまい、何度も相談するとそれだけで多額の費用がかかってしまうことになります。相談はしたいけどできるだけ費用は抑えたいと誰もが考えるでしょう。そこで法テラスや市や県が定期的に開催する無料法律相談を活用することで無駄な出費は抑えられるでしょう。

依頼する弁護士の探し方

いざ弁護士に依頼する段階になると、どの弁護士に依頼するか検討しなくてはなりません。そのためには、自分の住む街にはどのような弁護士が在籍しているのか調べる必要がありますが、それにはインターネットを活用します。各都道府県の弁護士会のホームページから探しても良いですし、弁護士事務所のホームページを閲覧してから決めるのも良いでしょう。実際に街を歩いて弁護士事務所を見つけるような探し方もありますが、インターネットの方が遥かに効率的です。法テラスで相談をして、その相談内容に相応しい弁護士を斡旋してくれる制度もありますので迷った時にはこちらを利用しても良いでしょう。

弁護士費用を負担してくれる法律扶助

依頼する弁護士が決まると実際に話をして勝訴の可能性があれば依頼が成立します。その際誰もが不安になるのが高額な弁護士費用ですが、実は要件を満たしていれば扶助制度が利用できるのです。その要件とは勝訴の見込があること、4人家族で月収が299000円以下ということです。申し込みは弁護士を通して行うので利用する場合には依頼する弁護士への申し出が必要になります。また、費用を立て替えてくれるのであって支払ってくれるのではありませんので、分割にはなりますが返済はしなくてはなりません。

ミカタに加入をしておくと万が一に法的なトラブルが起こった場合には弁護士の費用が補償されるので便利です。