再度調達価格で火災保険に入りましょう

絶対に気を付けなければならない災害として火災がありますよね。しかしどんなに気を付けても、自分のせいではなくても火災が起こってしまうケースは少なくありません。だから火災保険に入っておく必要があるのですが、その選び方の1つとして、まず、適切な保険額を設定しなければなりません。時価額と再度調達価格というのがあるのですが、時価額ですとまた新しく同じ一戸建てを作る場合にはどうしてもお金が足りなくなってしまいます。しかし再度調達価格ならば同等の物を購入する事が出来ますが特約を付ける必要があるのです。

補償をつけまくることに注意

火災保険に入るとなるとどうしても補償を沢山付けたがるケースも珍しくはありません。しかし補償を沢山つければそれだけ保険額が高くなってしまうので注意が必要と言えるでしょう。だから火災保険に入る時にまず考えておきたいのは、補償を付けるにしても、本当に自分の住んでいる家の環境で必要なのかどうかをきちんと見極める必要があります。それを無視すると、不必要な物まで入れて結局保険金の支払いが大変という羽目になるので注意しましょう。

燃えにくい建物は保険料が安くなることも

火災保険に入る時には実は建物に関してもその保険金に影響が出て来るのです。例えば木造と鉄筋コンクリートでは、後者の方が火災で燃えにくいですよね。つまり耐火性能が良い建物であれば、それだけ保険料が安くなる傾向があるのです。さらに電化住宅の場合ですと、ガスよりも火災のリスクが少なくなりますので、保険料を安く抑えるケースもあるのは忘れてはならないでしょう。新築をする際にどんな火災保険を選べば良いのかそのポイントを抑えて選ぶのがお得になりますよ。

ひとことで火災保険といっても全て理解している人は少ないでしょう。例えば、地震を原因とする火災は地震保険に入っていないと保険金が降りないという注意点があります。また、各社保障内容や特約・保険料には細かな違いがあるので調べてみたいものです。